各種課外教室のご案内

幼児教室

幼児教室 0~2才児クラス(週1回)

段階的に五感の刺激、心身の発達など健やかな成長の手助けを致します。お母様と一緒に活動をしてもらい、活動内容を日常生活に上手に 取り入れていただくお手伝いをしています。また、授業を通して親と子のコミュニケーションを楽しいものにしていただく工夫をお伝えしています。

年少児~年長児クラス(週1回)

脳の働きの中で、考える力と憶える力の両方をバランスよく向上してもらうカリキュラムをご用意させていただいています。フランチャイズ型教室のカリキュラム・教材ではなく、わらべ学園独自で作ったものや、選別したもので、週一回の授業を展開していきます。 もじ・かず・ちえを1時間半~2時間の授業に込みこんでいます。
 子どもの脳の発達に則しながら、やがて小学校・中学校・高校・大学へ進学されるにあたり、幼児の時に身につけておくと良いと思われる思考速度・持続力・集中力・理解力を向上していきます。
年長児にあたっては、計算力・文章表現力・読解力・数の合成・分解・図形認識能力の基礎の力を段階的・継続的に取り組むことで身につけて もらいます。 何よりも子ども自らが、何でもまずはやってみよう!やりたい!と思う取り組みをして、出来たら、やった~!嬉しい!と思う気持ちを大切にし、自らが「やったらできる」という自信を持ってもらえることが、大事なことだ と思っております。

英語教室

日本に住み、日本語を母国語として育っている幼児に英語を喋ることでまた違った文化の広がりを持ち、コミュニケーションを楽しんでもらう教室です。
英語をしゃべれるまでには、長い時間を費やして基礎作りをした後、実際に英語圏に行き会話能力を高めて定着を図ることが望ましいと考えています。 講師は、幼児~小学生までと中・高・大学受験までの先生とで構成されています。すべてカリキュラムはオリジナルです。

【 講師紹介 】

溝口 雅代(カリフォルニア州立高校卒・立命館大学卒)

籔下 裕子(大阪外国語大学(現 大阪大学外国語学部)卒)

造形教室

幼児が絵を描くというのは、思い通りに好きなように表現したらよいと思われがちですが、その表現をしていても、いっこうに見たものを観察画として描けないで大きくなります。
お習字にしてもピアノにしても、幼児に対しての導き方があります。 好きなように落書きを続けていくのではなく、計算された場所から描きだし、足や手がどの様になっているのかを、まずは知ることから始めます。
色の使い方も補色の関係を知り、明るい色にするのか、暗い色にするのか重たい感じ・軽い感じなどを理解した上で色選びをして、混ぜ合わせていきます。 この教室は、30年前に法蓮町にあったわらべ学園で玉野良雄先生が直接ご指導くださったものを、継承させていただいております。

小学部・中学高校生教室

毎日保育、または幼児教室の出身者のみで組織されている寺子屋のような部署です。 現在、小学校1年生~高校3年生まで在籍してくれています。 講師はわらべ学園出身の大学生(京大・阪大・医大生)が殆どで、もちろんわらべの先生達も指導に当たっています。 学習としての基礎は出来ており、人と接する時のマナーを心掛けでくれている子供達ばかりです。 毎年、大きな成果をご報告させていただいております。